2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志質向上委員会

志質向上委員会事業計画

副理事長 中村 高志
委 員 長 大久保 堅太
副委員長 高石 猛

我々JCは、さまざまな事業を展開する中で人間力開発に取り組み、広くその運動を推進し多くの地域リーダーを生み出し、地域の活力や産業、さらには経済の発展に寄与することを信じ今日まで運動の展開を行なってきました。東日本大震災や領土領海、または景気低迷への国民意識の高揚を図る上で多くの課題を抱えている今、改めて地域を牽引する責任世代として志質向上に励み、力強いリーダーが存在する活力溢れる郷土「きたまつうら」の創造が必要です。
まずは、学び舎として志しを持ち、より高めていくことに目的を特化した志質向上プログラムの作成をいたします。そしてこれを活かした志質向上プログラム事業「志事塾」を開校し、志質の向上を図ります。我々JCが、志質向上プログラム事業「志事塾」の開校から携わり、人から人へと伝えていく過程において多くの青年との出会い、気づきや学びの時間を重ねることで、この地に住む当事者であり仲間として郷土「きたまつうら」への思いもまた共有できると確信します。この事業が多くの仲間の心に響き「未知なる道」を切り開くための気づきとなるうるために運動の展開をいたします。また新入会員がJCの運動を理解し、事業への参画意識やまちづくりの主役となりうるなるために、新入会員セミナーの開催を行い、さらに、その輪を広げる交流事業の開催をいたします。
2013年度の志質向上委員会は、当会の姿勢をより大きな原動力として表出させ、志質向上及び人間力開発の運動を展開し、高き志しを持った力強い地域リーダーによる活力溢れる郷土「きたまつうら」の未来を創造いたします。
スポンサーサイト

ひと・まちづくり委員会

ひと・まちづくり委員会事業計画

副理事長 中村 高志
委 員 長  南 典秀 
副委員長 横田 優司
 
地域社会は、そこに暮らす人々を支える基盤です。その地域の明るい豊かな未来を創造していくためには、地域の再生と、未来を担う心豊かな子どもたちの育成が必要不可欠であると考えます。当委員会の役割として「まち」を創造していく「ひと」の大切さを考え、この地域の未来を笑顔と元気で支えてくれる「たくましい魅力ある人材」の発掘と「郷土愛溢れる人材」の育成を目的に、ひと・まちづくり事業をしていくことが必要です。
私たちの暮らす地域が世代を超えて、豊かで安心して暮らせる未来を築いていくためには、地域とのコミュニケーションを通して情報を共有し、まちづくりについて改めて思考することや、地域の「たから」を共に再発見する事で郷土愛を深め、発信していくことがまちづくりの第一歩であると考えます。この第一歩がきっかけとなり、地域全体が郷土愛を持ち、まちづくりに関心を寄せ、「自分には何ができるか、何をすべきか」を考え、まちづくりに対して一人ひとりが自発的に行動していけるようになると考えます。また、ひと・まちづくりの中で大切にすべきことの一つに「子ども」の育成があります。子どもは地域の未来を担う「たから」であり、その子どもたちが郷土を愛し、夢溢れる未来を描けるように後押しすることは、地域による教育の一つであると考えます。わんぱく相撲を通して、子どもたちが人とのつながりや人に対する思いやりを持ち、目標に向けて努力することが、自信を強く持つことにつながると考えます。将来を担う子どもの人間力が事業を通して向上することで、未来の夢溢れる地域を創造していくひと・まちづくりにつながると確信します。
当委員会では「ひとづくり」と「まちづくり」をテーマにこの地域の未来を考え、次世代を担う子どもたちの育成と、一人でも多くの人がこの地域に魅力を感じることで、住みたい、住み続けたいと思える明るい豊かな社会の創造を目指し一年間活動してまいります。

運営財務室

運営財務室事業計画

専務理事 日高 雅之
事務局長 井芹 裕貴

様々な団体があるなか、私たちはこの社団法人北松浦青年会議所に身を置き、奉仕・友情・修練の三信条の元、切磋琢磨しながら青年会議所活動を行っています。しかし、実際に私たち会員が青年会議所活動を行う上では、会員が家庭や仕事などそれぞれの事情を考慮することで、時間の調整や行動の妨げなど様々な障害が生まれ、故に思うような活動が出来ていないのが現状であります。これは各個人が解決していかなければならない課題かもしれません。
一人ひとりが違った生活を送っている中での活動であるからこそ、仲間意識を共有し、少しでも改善できるよう努めることが必要だと感じます。もちろん傷をなめ合うことではなく一歩でもお互いが前進できることを願い、個人個人が少なからず活動に支障をきたすような状態になった時こそ、今一度、私たちの活動を魅力あるものにしていくことが重要です。そのためには、まず私たち自身が一つひとつの行動に責任を持ち、何事にもお互いに協力ができ、一丸となった活動や相手を思いやる気持ちを持つことができる魅力と活気溢れる青年経済人になることが必要です。
当委員会ではこの組織の中で情報の素早い対応を心がけてスムーズな事務局運営を行い、また、それと同時に今後の活動に必要な土台をつくる為のサポートをし、各会員が仲間意識をもって魅力ある活動を行う為に、この社団法人北松浦青年会議所を縁の下から支えていきます。

«  | ホーム |  »

プロフィール

(一社)北松浦青年会議所

Author:(一社)北松浦青年会議所
一般社団法人北松浦青年会議所のブログへようこそ!!

・登録会員数
11名(2015年1月1日現在)

・創立年月日
 1985年(昭和60年)6月26日

・公益社団法人 日本青年会議所
 入会認証年月日
  1985年(昭和60年)10月3日

・認証番号 739

・所 属
 九州地区 長崎ブロック協議会

・スポンサーJC
 一般社団法人 佐世保青年会議所

・姉妹JC
 公益社団法人 杵築青年会議所

・卒業会員数 105名

・例会場 
やよい会館
  北松浦郡鹿町町深江潟免86-2

・事務局
 北松浦郡鹿町町深江潟免86-2
 TEL 0956-65-3907
 FAX 0956-65-3947

カテゴリ

理事長所信・基本方針 (1)
職務分掌 (1)
委員会事業計画 (3)
社団法人北松浦青年会議所(JC)紹介 (1)
青年会議所とは (1)
総会 (0)
報告 (55)
未分類 (9)
案内 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
3767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
419位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。